焼酎プロデューサー 黒瀬暢子の知って得する焼酎のお話

「お料理と焼酎の温度合わせが良い」というのは本当か?

女子的焼酎の楽しみ方

今日は、中洲人形小路さんにある茶わん蒸し専門店「稲穂」さんにお邪魔しました。

先日の焼酎バーあんたいとるさんとのコラボ焼酎女子会で、おつまみに「稲穂」さんの茶わん蒸しをいただいてすぐに虜に。

少し触れたらすぐに壊れてしまいそうなくらいサラサラなシルキーな茶わん蒸しが最高です。

今回は白子の茶わん蒸しと茶碗蒸し版親子丼などをいただきました。



熊本発祥のお店ということで、合わせた焼酎は熊本の米焼酎「白岳」のお湯割り。

もともと米焼酎と和食と相性が合うといろいろなところでお話ししていますが、今回のマリアージュも法則通りだな!と思った次第です。

米焼酎の甘みと茶碗蒸しの甘みがよくあいます。

お互いに引き立てあい新しい世界が口の中に広がります。

「暖かいものには、お湯割りを合わせる、つまり温度を合わせるとよい」と聞きますが、その通りだと思います。温度が違うとどちらかに引っ張られる。「温度が同じだと調和してお互いの味を引き立たせる」と今回も改めて感じました。

ワタとお湯割りもよく合います。

卵焼きもおいしかったです。こんなかわいい熊も!

茶碗蒸し専門店「稲穂」

茶碗蒸し本舗 稲穂 中洲店 (中洲川端/和食(その他))
★★★☆☆3.51 ■色んな種類の茶碗蒸しをご用意してお待ちしております。二階にお座敷あります。 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

コメント

タイトルとURLをコピーしました